医者

コンプレックスからの解放

ほくろの除去を考えた場合、形成外科・皮膚科・美容外科などの医療機関で治療を受けることができます。それぞれの医療機関には特徴があり、その特徴を頭に入れながら、自身の目的にあわせて治療を受けることが大事です。

美容整形

不安を解き放つために

ほくろが顔にある場合、皮膚科や美容外科へ行き、ほくろ除去治療を受けることができます。ただし、すべての方が治療できるとは限らないので、気をつけましょう。また、悪性黒色腫というケースもあるため、気になる場合は早めに医者へ行くことが大事です。

悩みから解放されるために

女性

施術を受けよう

人の目につくところにほくろがあると、それが悩みの元となる方もいるでしょう。その際皮膚科へ行き、治療を通して除去することができます。ほくろを取り除く方法としては、クリームなどを用いるやり方もありますが、一般として皮膚科ではほとんど取り入れていない方法です。皮膚科を通じて取り除くやり方に関しては、電気メスを使用して手術する方法と炭酸ガスレーザー治療がメインになります。炭酸ガスレーザー治療は、赤外線を使用したやり方になります。電気メス手術に関しては、メスを用いてほくろの色素を削り取るというやり方で行います。その際、傷跡を固めながら治療を行うので、レーザー治療と同じような感覚で施術を受けることが可能です。そして、ほくろの手術というのは、メスを使って皮膚をくり抜いたり切り開いたりしながら進めていきます。ですので、手術の経験があまりない方は、不安感が多少現れることもあるかもしれません。けれど、小さめのほくろに対して治療する電気メス手術やレーザー治療は、出血がほとんどなく、糸を使って治療ポイントを縫うこともありません。ほくろ自体に焦点を当てながら治療を進めていくため、心身にストレスを与えることなくできることからも、たくさんの方が利用しています。それから、電気メス手術かレーザー治療かのどちらのやり方で除去するかに関しては、小さなほくろであれば炭酸ガスレーザーを使うやり方を勧める皮膚科が大半です。そのわけですが、施術に対する怖さが少ないことや、傷跡が生じにくいという良い部分があるからです。ただし、大きめのほくろであれば、電気メスを使った手術の方が、時間をかけずに終えられます。また、再びほくろが生じる確率も低いので、電気メス手術を選択することもあります。仮に、もし電気メス手術で手に負えない場合は、切開手術をすることもあるでしょう。皮膚科で可能なほくろ除去に関しては、大きなリスクはないに等しく、成功している例が数多くあることからも、今や多くの人気を集めています。きちんとした施術を受けたいのであれば、皮膚科を利用してみてはいかがでしょうか。

顔を触る人

施術を満足して受ける

ほくろを取り除きたい場合、はじめに医療機関を通して治療の申し込みするケースが大半です。その際、ホームページや電話を通して申し込み可能です。また、きちんと信用できるクリニックを選ぶことが重要になります。

カウンセリング

コンプレックスをなくす

コンプレックスにもなっているほくろを何とかしたい場合、医療機関で行っているほくろ除去治療を受けるのがよいでしょう。メジャーなやり方としては、レーザーを使う方法がありますが、レーザーのタイプによりその仕組みは変わってきます。

看護師

除去するために

ほくろをきちんと取り除きたい場合、切開手術やレーザー治療があります。中でも、炭酸ガスレーザーはほくろに対し、特に効果を発揮してくれます。また、治療後軟膏を塗ることやテープで保護するなど、ケアも大事になるので覚えておきましょう。