ローコストの注文住宅の施工を依頼しよう!

費用の全体像を把握する

一軒家

敷地を整える費用から確認

豊橋に建てる新築の予算を上手に計画するには、工事費用だけに目を奪われず、全体としてどんな費用が発生するのかを把握しておくことが大事です。まずは新築するための敷地を整える費用から確認しましょう。土地から購入する場合は当然土地に関する費用が発生します。土地購入代金の他にも売買契約書の印紙代、所有権の移転登記費用、不動産取得税などがあります。また、すでに持っている土地に新築する場合は宅地として造成する費用や上下水道、電気などのライフライン関連の費用も多くなることがあるので注意が必要です。次に、設計と施工をどのようなルートで頼むかによって、設計料の払い方が変わります。ハウスメーカーや工務店に設計・施工一括で頼む場合は、見積もりに設計料相当額として計上され、工事費に含めて払う形になりますが、設計事務所を通じて新築する場合は、別途設計費用が発生します。建築士の設計報酬は建設費の約10%が目安といわれますが、厳密には事務所の業務経費、技術料、人件費などに応じて決められるので、相談する時に確認しておくようにしましょう。もう1つ気に留めておきたいのが、地盤関係にかかる費用です。豊橋の敷地に少しでも軟弱地盤の可能性があれば、地盤調査は行っておいた方が安心して新築できます。豊橋では、住宅向けの地盤調査費用は簡易式で6万円程度からです。専門業者がある他、ハウスメーカーが見積もり時点に実費で請け負うこともあります。調査で豊橋が軟弱地盤と判明したら、分析結果に応じて基礎の強化や地盤の改良工事が必要ですので、その費用も考慮します。