女性の大敵!ほくろの悩みはレーザー治療で解決

女性

コンプレックスをなくす

カウンセリング

レーザー治療で悩み解決

悩みの原因にもなっているほくろがある場合、どうにかして消したいと考える方も中にはいるでしょう。その際、医療機関を通して治療を受け、取り除くことができます。今までのほくろ除去治療ですと、メスを用いた外科手術がメインでもありました。しかし、今現在においては、レーザーを使用した治療が増えています。ただし、レーザーを使用してほくろを取り除くと言われても、イメージがわきにくいという方が中にはいるかもしれません。では、ほくろとは一体何なのかというと、いくつかの要因が重なり、メラノサイトが異常繁殖した母斑細胞と言われるものになります。ほくろに関しては、母斑細胞が増えた深さにより、複合型・境界型・真皮内型の3つに分けることができます。一度生じたほくろというのは、何もせず完全になくなることはありません。ですので、気になるほくろを取り除く場合は、原因にもなっている皮膚組織をピンポイントでカットするなど、人間の手を加えて治療する必要があります。そこで、治療の際に必要なものとして、何が利用されるかというとレーザーです。医療機関の除去治療で利用されるレーザーのひとつとして、炭酸ガスレーザーがあります。炭酸ガスレーザーに関しては、水に吸収されやすいという特徴を持っています。治療する部分にレーザーを当てることで、皮膚内にある水分とともに、ほくろ組織を蒸散させながらほくろを取り除くという仕組みです。それから、メラニン色素に限定して反応を示すレーザーとして、アレキサンドライトレーザーやQスイッチルビーレーザーがあります。このレーザーに関しては、皮膚内に存在するメラニン色素だけに反応を示す仕組みになっています。これにより、何も問題のない健康な皮膚組織に対し、負担をかけることなくほくろの原因でもあるメラニン色素のみを壊していけます。現在ですと、先に炭酸ガスレーザーを使用して治療を行い、その後にメラニン色素だけに反応を示すレーザーを使って治療するという、2段階方式のレーザー治療を取り入れた病院が多く存在します。