女性の大敵!ほくろの悩みはレーザー治療で解決

女性

除去するために

看護師

話を聞いてみよう

ほくろをきちんと取り除きたいのであれば、皮膚科や美容外科を利用し、ほくろ除去治療を受けるのが一番です。現在、皮膚科や美容外科に関しては、レーザーを用いる治療やメスを使って切開を行う手術など、数多くの治療方法が存在します。そのやり方の中でも、炭酸ガスレーザーは、いぼ・ほくろに大きな効果が現れるとされています。周囲の健康な皮膚や深部組織にはダメージがいかないので、メスを使って取り除いた時と比べても、傷跡があまり残りません。そして、皮膚の回復も早いという特徴もあります。治療の際、局部麻酔を施すため、不安を抱えることなく施術を行えるのも、良い点として挙げらるでしょう。また、炭酸ガスレーザーは吸収されやすく、そして一瞬にして熱エネルギーにシフトする性質があります。これをもとに、取り除きたいほくろにレーザーを当てると、細胞に含まれる水分がレーザーのエネルギーに反応を示し吸収します。やがて蒸散作用が生じ、あっという間にほくろそのものを消去するという流れになっています。それと、炭酸ガスレーザーの蒸散作用ですが、奥深いところにまでは響かないため、治療した部分の回復は割りと早めに治るでしょう。また、ほくろ以外にも、シミやイボを気にしている方にも一押しの治療方法でもあります。炭酸ガスレーザーを使用して治療する当日ですが、施術を受けた後は軟膏を塗布し、テープできっちりサポートすることが大事です。その際、24時間テープは剥がさないよう注意しましょう。施術を受けてから翌日から10日後までは、お風呂へ入った後に軟膏を一日一回塗布し、炎症が起きないようテープで保護します。ほくろが取り除きかれたポイントはくぼみが生じていますが、時間が経つにつれ膨らんでいきます。この場合、かさぶたが生じることもありますが、力任せに剥がさないようにしましょう。かさぶたが自然になくなると、若干くぼみが生じますが、そのうち健康な肌と馴染んできます。もし、さらに詳しいことを知りたいのであれば、美容外科や皮膚科へ行き、時間を取って話を聞くのも良いでしょう。